Gutenberg(グーデンベルグ)の直観的操作性!!当ブログ使用テーマ【 SWELL 】 詳しくはここをクリック!!

【switch】プロコンの純正品と互換製品との違いを解説します!

プロコン代替え品サムネイル
悩んでる人

switchの純正プロコンは高い
純正品じゃなくていいから何かない??

そんな疑問に答えます。

NintendoSwitchのプロコンをもう一台買おうとしたんですけど純正品は高いんですよね。

ネットで安いのはないかと探してたら純正以外で良さそうなのがあったので買ってみました。

悩んでる人

純正品じゃないからすぐ壊れないかなぁ・・・

なんて思っていたけど使ってみたら全然普通に使えました。

我が家では任天堂switchのプロコンを1台持ってたんですけど二人兄弟なので取り合いになっていましたが今は二人で仲良く遊んでます。

プロコンの代わりを探している方や、兄弟で2台目を安く買いたい人にお勧めします

目次

プロコンの純正品と互換製品「BEBONCOOL」の違いを検証

BEBONCOOLのプロコン

こちらがNintendo Switchの互換性プロコン「BEBONCOOL」です。

持ちやすく設計された形状とグリップの滑り止め加工でプレイしやすいです。

見た目もかっこよく子供も気に入ってます。

値段が2780円、純正プロコンが7000円するので半額以下です。

↓最新版はこちらです↓

主な特徴はこちら

  • Bluetooth機能
  • ジャイロセンサー機能搭載
  • 高性能バッテリー内蔵(フル充電で12時間以上稼働)
  • 軽い本体(約250g)と握りやすいグリップ
BEBONCOOLのプロコンの内容物

内容物一覧です。コントローラー本体とmicroUSBケーブル、英語と日本語の説明書。

BEBONCOOLプロコンの説明書

こちらが日本語の説明書で接続方法や各機能の説明が書いてあります。

特に迷うことはありませんでした。

純正プロコンとBEBONCOOLのプロコンの比較

純正品との比較。

アナログスティックの配置がプレステのコントローラーと同じ配置になっています。

心配でしたが子供はすぐに使いこなしてました。(左右対称のこっちの方が使いやすいみたい)

純正プロコンとBEBONCOOLのプロコンの差込口比較

充電端子は純正品はType-Cに対してこちらはMicroUSBになっています。

mako

やはりMicroUSB は強度が不安ですね。

実際使ってみた感想

まずは良い点

・とりあえず値段です

純正品7000円に対して、こちら2780円!

半額以下で普通に動く、これに尽きます!

見た目もカッコいいし軽くてコードレスでスマブラに最適です!

次に悪い点

・Bluetooth接続がしばらく触らないでいると(Switch本体がスリープ状態)勝手に接続が切れてしまい子供は最初戸惑ってました!

しかしコントローラーのHomeボタンを押せば直ぐに接続出来るので慣れれば平気です!

・amiibo非対応

・連射機能が無い

この様な機能を求める人は向いていないと思います。

プロコン純正品と互換性プロコンの違いのまとめ

基本的に何不自由無く遊べる機能を備えていて、それでいて約3000円で購入出来るのは素晴らしいコストパフォーマンスだと思います。

純正品と比べると安心感やサポートなどは劣るかもしれませんが、それでも値段を考えれば十分だと思います。

安くて普通に使えるJoy-Conをお求めならこちらをオススメしますよ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる