Gutenberg(グーデンベルグ)の直観的操作性!!当ブログ使用テーマ【 SWELL 】 詳しくはここをクリック!!

グーグルアドセンスのads.txtの警告が消えない時の対処法解説

サムネイル

ある日突然、Googleアドセンスの管理画面に「要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。」という警告メッセージが出てきました。

この警告メッセージを消す為の設定方法を紹介します。

結論としてはエックスサーバーを使っている人はすぐに解決できます!

ads.txt(アズテキスト)とは?

サイト運営者が認定した販売者のみデジタル広告枠を販売する仕組みで、

偽造された広告枠や不正なインプレッションの販売を防止するツールです

mako

設定は必須ではないですが、やっとけば安心ですね!

目次

ads.txtはエックスサーバーで簡単に設定できます

エックスサーバーでads.txtを設定する方法を図解で説明していきます。

エックスサーバー管理画面

エックスサーバーにログインしてサーバーパネルから【 ads.txt設定 】へ進みます。

エックスサーバー設定画面
STEP
ads.txt設定追加を選択する
STEP
広告システムに【 Google.com 】と入力する
STEP
16桁のサイト運営者IDをGoogleアドセンスHPからコピペします
  

サイト運営者IDの調べ方

  1. Googleアドセンスのアカウントにログインします。
  2. そして【 ⚙アカウント 】から【 アカウント情報 】へ進みます。
  3. そこに記載されているpub-で始まる16桁の数字がサイト運営者IDです。
STEP
自分が運営するブログならDIRECTを選択します。
STEP
認証機関IDは全員共通で【 f08c47fec0942fa0 】と入力します。
STEP
最後に右下の【 入力を確認する 】に進みます。
エックスサーバー設定画面

(設定済みデジタル販売者の追加が完了しました)と表示されればads.txtファイルの

設定は無事完了です

設定が完了しても警告表示が消えるまでは最大で48時間くらいかかる様です。

不安な方は以下の方法で確認できます。

「 サイトURL/ads.txt 」で確認できます

①自分のサイトURLに【 /ads.txt 】を追加してインターネットブラウザのURL欄に入力して、Enterをクリック

②ads.txtファイルにアクセスでき、画像のように表示されればOKです。

エックスサーバー設定画面

 後は警告表示が消えるのを待ちましょう。

Googleアドセンスのads.txt警告の解決法でした

Googleアドセンスの管理画面にずーっと出てた警告表示。

調べたら対処しなくても平気みたいな事が書かれていたので無視していたのですが、

やっぱり気になってしまい対処法をしらべました!

エックスサーバーだと簡単に設定出来るので是非この警告が出てる方は、すぐ出来るので参考にどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる